子供の目が良くなる方法を教えてください。

子供の目が良くなる方法を教えてください。

パソコンやスマホに囲まれる生活は、子どもから年配までもはや当たり前になってきていますね。文部科学省の2016年度学校保健統計によると、視力0.3未満の小学生は1979年度と比較し約3倍になっているほどだそうです。

多くの世代の人が視力低下問題に困っているようです。

そんな中、科学的根拠のある視力回復法が海外で話題になっています。早速調べてみました。

高齢者も子どもも「視力」に悩んでいる

レーシックなど、眼科医の中でも「視力を回復する方法は手術以外ない」という考え方が特に日本では主流なのですが、レーシックには感染症やドライアイなどのリスクがあります。

しかし、最近の論文で「ガボール・パッチ」という方法が新たな視力回復の方法になりうることが知られてきました。

研究では、大学の学生16人と65歳以上の高齢者16人を対象とした研究の結果、近視も老眼も視力の改善が示されました。119人を対象とした研究でも(平均年齢49歳、40~63歳)視力の改善はもちろんのこと、読書スピードの増加も示されました。

老眼がない人で26%、早期老眼の人で43%、進んだ老眼の人で81%、全体で50%読書スピードが増えたことも示されています。

視力が上がる事で日常生活が楽にり、仕事がしやすくなる可能性もあるように思えます。

1日3分!視力を回復させる「根拠のある方法」

最新論文で話題「ガボール・パッチ」の威力

「ガボール・パッチ」とは「ガボール変換」という数学的な処理をすることで生まれる縞模様です。ガボールとは、開発者のデニス・ガボール博士からきています。ガボール博士はホログラフィーの発明で1971年にノーベル物理学賞を受賞しています。

引用:1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ

「ガボール・パッチ」は、もともとは視力回復のために開発されたものではありません。しかし、ガボール変換を行ったものは「脳の視覚野」に作用しやすいと考えられていたため、視力回復のために使用してみたところ、改善がみられました。結果として、現在では多くの研究がおこなわれるようになったそうです。

ただ、日本ではほとんど知られておらず、ガボールによる視力回復の日本語論文は一つもないのが現状の様子で、現在研究されているのは海外のものばかりで、文献もいずれも英語で書かれているようです。

「ガボール・アイ」が視力を回復するメカニズムは、この“画像加工能力を上げる”ことにあります。

目を鍛える、目の筋肉を強くするという訓練はありますが、ガボール・アイは目の機能は変えません。目を良くするのではなくて見えた画像をはっきりと処理する能力を上げるのです。

だからこそ近視であれ遠視であれ、関係なく見やすくすることができます。目の状態に依存せず今見える画像を鮮明にする方法だからです。

2017年には「ニューヨーク・タイムズ」で「脳を鍛えることで老眼も近視も視力が向上する」という記事が掲載されているようです。

同じ画像があるかないか?を判別していくので、パズルとや間違い探しのゲームに非常によく似ています。

視力回復につながるポイントとしては「画像を見ようとするのが大切で」、間違ってもそれでも問題はないのです。間違ったとしても、「画像を見ようと脳を使う」その行為が目と脳を活性化されます。何度も繰り返し、同じ画像を見るのでよいわけです。

認知症にも効果的?

副作用もない簡単な方法です、目が見えない事で肩こりや頭痛、疲労感など何となくの不調を引き起こしたりします。

とりわけ疲労感は脳疲労が原因の一つと考えられています。脳の機能を向上させることで、この疲労原因を取り除くことも可能なわけです。

ものが見やすくなり、その処理能力が上がるという事はいろんなメリットがあり、読書能力が上がり、仕事の処理能力が向上することで、ミスを軽減することにも繋がります。

これまでの視力回復法と大きく違う点は、目だけをよくするのではなくて、脳と目の両方をよくするという点なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする