目が良くなる方法 ってありますか?「ガボール・アイ」って?

 

「ガボール・アイ」って何?視力回復できる?。

2018年にアメリカから日本に上陸した「ガボール・アイ」。

1971年にノーベル物理学賞を受賞したデニス・ガボール博士(イギリス人、1900~1979

年)が考案した老眼や視力回復のためのトレーニング法です。

しま模様になった図形模様が並んだシートを使う様です。

有効視野という、人間が見ている視野の中で認識できている視

野が、脳の使い方を訓練すると広がるというデータがあり、「ガボール・アイ」にはその視

野を広げるトレーニング方法もあって、サッカーやバスケット

ボールなどの球技、自動車の運転には効果的なのだとか。

作成したシートの中で、ランダムに角度を変えたそのシートの並ぶさまざまな形の「しま模

様」を目で追い、同じ模様を探していく、言うなれば、目で追う”神経衰弱”と思えばいいのかなと思います。

効果に関しては、すでにアメリカで実証済みです。

カンザス大学の38人の近視や老眼の患者さんを対象に行い実験

では(2007年)全員の視力が向上したそうです。

中でも老眼の患者さんは、近くのモノを見る視力が平均で0.3もアップしたほどだとか。

「ガボール・アイ」はなぜ視力回復にいのでしょうか?

私たちの目は見た情報を、そのまま認識はしていません、視覚

で得た情報を、一旦、脳で処理をされ、加工されているのです。

わたしたちが「見えた」と認識している画像や情報は、脳によ

って修正及び加工されたもの、と考えてください。

脳が勝手に見えていない部分を補ってしまうため、緑内障で視

野が欠けている人でも、半分以上、視野を失っていても緑内障

のその病気に気づかない人もいるほどだといいます。

脳は、かすれた文字や、ピントの合っていない写真や映像で

も、その情報を読み取るために、補正を行います。

例えば、「ぼんやり」していた画像であっても、「くっきり」

見えたのと同じように、何が描かれているかを認識することが可能なのです。

この「ガボール・パッチ」は「画像のぼやけを補正する力」

を鍛えるために利用されるののが特殊なしましま模様の白黒の絵なのです。

視力回復「ガボール・アイ」の効果とは?

このトレーニングは言語の壁がないのでどの国でも普及しやすいようです。

SNSでも広まっていますよね。別の言語が使えなくても誰でも手軽にできてしまうからなのでしょう。

もう一つは、アメリカなどで普遍的に行われているトレーニングだということも理由ではないかと思います。

スマートフォンやパソコンが普及しているのは日本だけではなく、世界各国共通ですから。

海外でも好評なようです。

特にデスクワークが中心の方におすすめのようです。

文字を読むスピードが上がり、ミス率も下がるため、生産性の向上が期待されます。

読書スピードが50%上がるという研究データもあって、その能力は資料を読んだり、メールを

読んだりというところに応用できるそうです。

また、処理能力が上がることで、脳の疲労感も薄くなり、目

を使いすぎて、だんだんと目から入ってきた情報を処理できなくなると、考える力も落ちてしまう。

逆に「ガボール・アイ」に取り組むことで情報の処理が上手く

できていれば、疲労しづらくなるというわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする